1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

名代 後楽そば:五反田

かつて有楽町ガード下にあった立食いそば。2018年に五反田ガード下で復活。 焼きそばが売りってのが珍しい。 「焼きそば並(450円)」 自社製麺工場で作られた太麺の焼きそばは、大きな鉄板で豪快に焼き上げられる。 甘辛いソースの香ばしい香りが食欲を唆る…

チャーン・クラシック:自宅

ビアタイ社とカールスバーグが提携して作ったタイのビール。 チャーンとはタイ語で象。可愛らしい象のイラストと黄金色がタイらしい。艶消し缶の手触りがいい。 暑い南の国のビールならではの軽い喉越しが心地よい。その中に麦の味をしっかり感じることが出…

ビストロ ポーカー(5回目):大崎広小路

グラタンを味わうことなく冬も終わり、春になってしまった。 残念ではあるが、気を取り直してメニューを吟味。 「チーズ温玉キーマカリーライス(1000円)」 厚みの肉をがっつり味わえるメニューたちの中に、ひっそりとキーマカレー。趣向を変え挽肉をがっつ…

旭洋酒ソレイユワイン「それいゆ メルロ2016」:自宅

山梨市の住宅街にひっそりと佇むスタッフ3人だけのワイナリー とても小さなワイナリーだったのですね。知りませんでした。背景を知ると思い入れが増します。 「それいゆ メルロー 2016(3080円)」 鳥や蝶が舞い長閑で豊かな葡萄畑が描かれたエチケット。 深…

ホッカワイナリー 「ホッカ・ブラン」:自宅

いまでやを覗いたら、こちらのワインが限定販売されていました。 HOCCA ルージュ、ペティアン、キールもあったけど、ブランを購入。 帰って調べてみると、楯野川酒造の支援で復活した奥羽自慢酒造が手がけるワインとのこと。 クラウドファンディングで展開し…

ポーモンコン(11回目):大崎広小路

店頭に置かれた看板。 書かれたランチメニューを眺めていたら、「??」。 まだ、食べていないメニューがあった。 と、まぁ今回も理由を付けて入店。 「トムヤムヌードル(950円)」 これ絶対美味しいやつでしょ。 プリプリの海老と烏賊がたっぷり。 辛みと…

常陸野ネストビール ペールエール:自宅

茨城県 木内酒造のクラフトビール。 こちらのビール、東京駅グランルーフや神田万世橋のブルーイングラボで楽しめる。 最近は500円以下のクラフトビールは迷うこと無く買うことが出来る。感覚麻痺してるな(笑)。 常陸野ネストビール ラベルと同じ色のビー…

グレープリパブリック 「Rosato2018」:自宅

イタリアンレストラン、サローネグループ出身の方が独立し、2017年山形に設立したワイナリーとのこと。 山形県の県鳥、オシドリが描かれた可愛らしいエチケット。ワインの鮮やかな色と合わさると、こりゃアートですね。 山形県産の6種類のぶどうをブレンドし…

BURGER & MILKSHAKE CRANE(再訪):御徒町

所用で湯島を訪れた帰り。昼食を悩みながら散策してたら、こちらを思い出した。 胃袋も気持ちも満たすにはハンバーガーだよね。2年ぶりのクレインです。 平日ランチタイムだが先客1名。過ぎる音量のBGMが食欲を煽る。 こちら卵に拘りのある店だったので、「…

ジェフ カレル 「パヴュ・パブリ・シャルドネ」:自宅

有機栽培のシャルドネ、天然酵母でつくられたフランスの白。 可愛らしいエチケットだと手が伸びてしまう。 しかもデイリーワインに手頃な価格1780円。 フレッシュな味わい、可もなく不可もなく。 デイリーワインはこんな具合でいいかもしれない。

sio:代々木上原

ミシュラン一つ星のフレンチ。一ヶ月前にお店のホームページから予約。ディナーコース(11000円)にアルコール・ペアリング(6000円)をつけてみた。 著名なクリエイターに依頼したロゴやBGM。拘りのカトラリー、タオル、内装。イケメンのスタッフ。オーナー…

シメイ レッド:自宅

シメイ ブルーを飲み、今更ながらトラディショナルビールの美味しさを再認識。 今日はシメイ レッドを味わうとする。 無駄のないデザイン、鮮烈なカラーのラベルがかっこいい。シメイはラベルから格式を感じさせる。 レッドはシメイではじめて作られたビール…

鈴懸(再訪):新宿

こんなことがあるものだ。 土曜13時、新宿伊勢丹はとても空いていた。 いつも行列の鈴懸もガラガラ。 季節の和菓子をじっくり吟味して買ってきた。 「蓬乃餡餅・苺大福」 蓬の香り、苺の甘酸っぱさ、しっとりきめ細かな餅、程よく品の良いこし餡。 お茶を飲…

ガンジー:新宿

ランチ難民に陥りがちの新宿。 何せ店を知らない。こりゃいかんと調べてみると、いくつか気になる店をリストアップ出来た。 その内の1つガンジーを訪問。 新宿伊勢丹のそば、雑居ビルの2階にある。2階ながら通りには香ばしいルーの香りが漂っている。期待大…

ストーン IPA ルイネーション:自宅

アメリカ、カリフォルニアのクラフトビール。 この悪魔のイラストをよく見かける。 ずっと飲んでみたかったけどなかなかのお値段。どの種類も600円近くする。 お店ではパイント頼んで、一杯1000円程でも平気なくせに宅飲みだと渋ってしまう。 たまたま、この…

ビストロ・ポーカー(5回目):大崎広小路

前回ランチからあまり日が経ってないが、ガッツリ肉を食べたくなり訪問。店名通り豚肉推しのビストロ。 週末だからかとても賑わっていた。カウンターのおひとり様もいて、常連客さんも増えてきた印象。 お通しの生ハムをつまみ、ハートランドを飲みながらメ…

ヴェデット・エクストラ ホワイト :自宅

白熊のデザインが印象的なエクストラ・ホワイト。軽やかな喉後と華やかな香りで、今宵は癒されるとしよう。 https://www.vedett.jp/ 白ビールの特徴的なバナナの香りが心地よい。 オレンジピールやコリアンダーを使っているそうだ。後口の苦味はこのおかげか…

中華そば 和渦 TOKYO:北品川

昨年、大井町から北品川に移転、三位一体が有名なラーメン屋。三位一体は日替わりで三種の素材から出汁を取ったスープ。 北品川駅から数分、JR線路沿いにお店はある。平日11:30ながら待ち客5名、人気店だ。 カウンターの席間、テーブルの席間、何れもゆとり…

ノムカ(6回目):赤羽

こちらのエビマヨと焼きそば、ワインのおつまみにピッタリの絶品。久しぶりに味わいたくなり訪問。 グループでの来店は要相談、ソフトドリンクはなくアルコール飲める事が前提の小さなお店。 だけに、静かにじっくりワインとおつまみを楽しめる。 前回訪問か…

まるき葡萄酒 「マスカット・べーリーA」:自宅

現存する日本最古のワイナリーとのこと。 いまでやで見つけた1700円の赤ワイン。この価格帯はリーズナブルなので、試しに買ってみた。 果実味と柔らかさを大切に仕上げました。穏やかな渋みと軽快な酸味をお楽しみください。 デイリーワインとして手頃な価格…

グリルエフ:五反田

裏メニューのハヤシライスが有名な昭和25年創業の洋食店。昨年からずっと来てみたかった。 平日18時、ギリギリ空いてた最後の一席に滑り込む。 五反田の老舗洋食店【グリルエフ】〜Grill F〜 外観とは裏腹に想像以上に小さく狭い店内。 待たずに入れたなんて…

カーブドッチ 「おうむ ツヴァイゲルト2018」:自宅

「みずこしふみ」さんの画がとても可愛らしいエチケット。これに惹かれ思わず買ってきた。普段飲みワインよりも少しお高め3300円。 飲み口柔らかく、甘酸っぱさが心地よい。 飲み重ねると、次第にしっかりとした甘さを感じてくる。 とても好みだ。カーブドッ…

ストン:戸越銀座

大きな窓から店内の様子がよく見える。 コンクリートの床、シンプルで無駄のないテーブルが3つ。壁にしつらえた本棚から店主の拘りが伺える。 寡黙で余計な事はしなそうな印象の店主。後で調べたら著名なカレー研究家と親交のある方のようだ。 「ポーク ビン…

ラ・クレマ 「ロス・カーネロス・シャルドネ」:自宅

エノテカのクリスマス福袋、最後の1本。 定価6500円、福袋でもないと宅飲みで飲むような価格ではない。満を持して開栓。 カリフォルニアのケンダル・ジャクソンが手がけるブティックワイナリー。 熟した洋梨やメロンのアロマ。芳醇でまろやかな味わい。 想像…

B(再訪):自由ヶ丘

また訪れたいと思いながらズルズルと1年が経ってしまった。 その間にディナーコースが若干値上がりしていたが、十分にお得だと感じる内容だった。 どの品も食材の組合せに驚きがあって、何よりソースが刺激的だった。 「猪のリエット、鰆のコンフィ」 「菊芋…

ブリュードック インディー:自宅

スコットランドのクラフトビール、ブリュードック。ペールエールを買ってみた。 硬派な印象を持たせる無機質なデザイン。 ホップの香りが豊かに広がる。 硬質なミネラル感が特徴的。 中身も硬派な310円/人也。

ナビリオ(再々訪):田町

いつも賑わっているが、ランチタイムの回転が良くなったのか? 今回もさほど待つことなく入店できた。 週替わりランチのオイル系パスタと決めていたので、迷うことなく注文。 「紋甲イカとカラスミパウダー、水菜のオリーブオイルスパゲティ」 水菜たっぷり…

ルミエール ワイナリー 「石蔵和飲 マスカット・ベリーA 2018」:自宅

星のや富士で飲むために、河口湖駅に併設する店舗で買った赤ワイン。 結局、開けることなくお持ち帰り。 国の登録有形文化財でもある明治34年建設の「石蔵発酵槽」で仕込んだワイン 口に含んだ時に感じた甘さが、飲んだあとも上品に続く。香りの余韻がたまら…

ビストロ ポーカー(4回目):大崎広小路

間違いないランチを求め、今日はポーカーで置きに行く。 今年初のポーカー。 この日も美味しいのに空いていて、客にとっては申し分ない状況。 「シルキーポークの香草パン粉焼き マスタードとアンチョビ風味(1000円)」 店頭の看板に書かれたランチメニュー…

ヱビス雫:自宅

セブンイレブン限定のヱビス。 艶消しの缶、手触りよくて気持ちいい。 喉越ししっとり。 凛としながらも、ホップの香りが上品。 香りの余韻が残る味わい。 パッケージも味わいも、冬物語を彷彿とさせる。 これはストックしておきたい好みのビール。