1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

銀座ひらい:銀座

三原通りにある穴子屋さん。日本橋たまゐの初代店長平井さんのお店。タイミングよかったのか、待ち人なく一席空いてたので迷わず入店。

事前リサーチ済なので迷わず注文。「めそっこ箱飯ならびの両のせ(大盛り)」そして「肝吸い」。めそっことは35cm以下の穴子だそうです。

 

 

f:id:onex3:20170115175849j:image

「めそっこ箱飯」並びとは二本のせのこと。両のせは片方を煮穴子、片方を蒲焼きのこと。煮穴子は驚くほどふんわり柔らか。蒸さずに焼き上げた蒲焼きは表面カリッと香ばしい。甘辛のタレが抜群に合う。薬味も山椒・ネギ・山葵・柚子・すり胡麻と盛り沢山。並び両のせ薬味溢れる。ご飯大盛は無料なのでお勧めします。

 

 

f:id:onex3:20170115175856j:image

+300円で赤出しを肝吸いに変更できます。せっかくなのでもちろん変更。いいダシがでてます味わい深い。

 

 

2016、2017と二年連続ビブグルマンというのも納得。お持ち帰りメニューのめそっこ一本寿司も気になるなぁ。再訪確実1900円/人也。

広告を非表示にする