1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

乙女寿司:金沢

f:id:onex3:20160804064338j:image

金沢着、鼓門の大きさに圧倒される。雨が多い金沢に訪れた人へ、そっと傘を差し出す心遣いを表現したもてなしドームもてなしドームに降り注いだ雨水を流す送水管が、鼓門の柱の中に伺える。モチーフも機能も素敵だ。聞くところによると、鳩の糞で汚さない為に、開設時には鳩をおう鷹を放っていたそうだ。

 

 

f:id:onex3:20160806080130j:image

ランチは乙女寿司。地の魚を到着早々に味わいたい。お任せの握り、カウンターから優しい大将が握る様をみながら楽しむ。甘えび、あかむつ、トロ、やりいか、ばいがい、のどぐろ、ウニ軍艦、あなごの8貫。そしてあさりの味噌汁。どれも食べるのが勿体ないくらい綺麗。シャリが小ぶりでどのネタも味わい深く、味の余韻が残る。

 

 

f:id:onex3:20160804064347j:imagef:id:onex3:20160804064357j:image

「やりいか」と「のどぐろ」が、特に記憶に残った。やりいかはキラキラ光る美しさに脱帽、そして口にした途端に溶ける。のどぐろは濃厚な味わいなのに食べた後の油の引きが綺麗。

 

f:id:onex3:20160804064543j:image

そして、あさりのダシがたっぷり出ているのにあっさり、かつ味わい深い味噌汁。

最高すぎた4800円/人也。

乙女寿司 (金沢市) の口コミ68件 - トリップアドバイザー

 

 

f:id:onex3:20160804064638j:imagef:id:onex3:20160804064602j:image

食後に長町武家屋敷跡をふらふらと散策。一般住居もあり、この街並みを残すのは大変だろうと実感。

 

 

f:id:onex3:20160804064611j:image

そして野村家。こちらミシュラン二つ星だそうだ。見る位置によって姿を変える庭園は、眺めているだけで時間を忘れる。家の随所にある衣装も贅が尽くされていて脱帽。