1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

東京ステーションホテル アトリウム:東京

f:id:onex3:20210429094512j:image

駅舎中央最上階の屋根裏空間。

天井最大9m、400㎡の広さ、宿泊者専用の朝食ラウンジ。

 


f:id:onex3:20210429094529j:imagef:id:onex3:20210429094503j:image

6:30から利用でき、空間も席もスタッフ人数にもゆとりあり、落ち着いて朝食が楽しめました。

 

 

f:id:onex3:20210429094507j:imagef:id:onex3:20210429094525j:image

一つひとつプラスチックケースに入っていて清潔感があり、どれも一口サイズのポーションなので多くの種類を味わえました。

 

 

f:id:onex3:20210429094536j:imagef:id:onex3:20210429094545j:image

コーヒーは頻繁に注いでくれます。

朝からテンション上がって、お腹もいっぱいになりました。

 

 

f:id:onex3:20210429094521j:image

多種多様な料理が、創建時の赤煉瓦を背に並ぶ様は圧巻です。

 

常に数を確認し料理を切らさないスタッフのサービスにも驚きました。

 

 

f:id:onex3:20210504012927j:image

シェフが目の前で調理してくれるコーナーはさらに誘惑がいっぱい。


欲張ってオムレツ、バタートースト、フレンチトーストの3品をオーダー。

 


f:id:onex3:20210429094553j:image

「オムレツ トリュフ入りゲランド海塩添え」

 


f:id:onex3:20210429094549j:image

「高知産しらすバタートースト」

 


f:id:onex3:20210429094516j:image

「フレンチトーストグラチネ」

 


f:id:onex3:20210429094540j:imagef:id:onex3:20210429094652j:image

ミニ鰻丼とミニカレーパンを〆に。流石にデザートは諦めました。

 


f:id:onex3:20210429094500j:image

フレッシュジュースも種類豊富で、オレンジ、トマト、グァバ、アップル。朝食には水分たくさん摂りたい派なので重宝しました。

 

 

平日は宿泊者でなくとも事前予約で利用できる(90分、5500円)そうです。