1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

グリルディナー:星のや富士

f:id:onex3:20200103084327j:image

メインダイニングのディナーも事前予約しておいた。室内の大きなグリル台で焼かれる肉が目玉らしい。

 

 

f:id:onex3:20200112072142j:image

こちらがメニュー。屋内ながらもグランピングに来ているんだと思わせるデザイン。

 

窓から見える夜の森の静けさも味わい深い。

テーブルの上に並べられた切り株の上に料理が一斉に並べられる。とてもテンションが上がる。

 

 

f:id:onex3:20200104073631j:image

「季節のアミューズ

 


f:id:onex3:20200104073634j:image

「シャルキュトリー盛合せ」

 


f:id:onex3:20200104073628j:image

「野菜の盛合せと3種のディップ」

 


f:id:onex3:20200104073625j:image

「豚のリエット、フルーツとトマトのマリネ」

 


f:id:onex3:20200104073641j:image

「フォカッチャとパン」

朝食でも感じたが、パンがとても美味しい。

 

 

これらを味わいながら、メインの焼き上がりを待つ。

 

ダッチオーブンディナーと違ってペアリングがセットでは無いので、よなよなエールの生(1045円)」「奧野田葡萄酒 メルロ&カベルネソーヴィニヨンのグラス(1980円)」を合わせてみた。

 


f:id:onex3:20200104073621j:image

「国産サーロイン牛と鹿ロースのグリル」

正直、ダッチオーブンディナーも朝食も鹿肉が続いたので、牛肉がとても嬉しかった(笑)。

 


f:id:onex3:20200104073637j:image

ジェラート盛合せ」

ボリュームたっぷり、濃厚な味付けが続いたので、やはり最後はさっぱりいきたい。ジェラートルイボスティーで閉めた。

 

 

どうしてもダッチオーブンディナーと食材や香辛料の重複感を感じてしまう。

 

一品の量を抑えて、調理の工夫が欲しい14000円/人也(10000円のコース+サービス料10%+消費税10%+アルコール代)。

 

 

連泊する方は、グリルディナーかダッチオーブンディナーどちらかでいいでしょう。もう1日はルームサービスと持込みワインがお勧め。

 

ケンダル・ジャクソン 「グランド・リザーブ・カベルネ・ソーヴィニヨン」

エノテカ クリスマス福袋の三本目。

 

f:id:onex3:20200104080850j:image

「グランド・リザーブカベルネ・ソーヴィニヨン(5000円)」

アメリカ カリフォルニアのワイン。安定した高品質ワインを造るカリフォルニアの大手ワイナリーだそう。

 


f:id:onex3:20200104080854j:image

とても濃く深い赤色。口に含むと強烈なプラム感。飲み進める事に深みが増していく。

 

 

何と合わせるのが良いかを悩んでる間に、何かと合わせること無く飲みきってしまった。

 

グランド・リザーヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン | エノテカ - ワイン通販

 

とにかく香りが複雑で赤を純粋に楽しむワインだと感じた。

 

クラウドテラス:星のや富士

キャビン(客室)に備え付けのベンチコートと長靴を身につけ、チェックインの際に渡されたリュックを背負い、クラウドテラスへ。

 

f:id:onex3:20200103084016j:image

 

 

f:id:onex3:20200113081106j:image

山の中腹にあるクラウドテラスまで、なかなかの勾配。そこそこの距離の山道散策もグランピンの魅力。

 

 

過ごす | HOSHINOYA Fuji | 星のや富士 | グランピング【公式】

道の途中では、ハンモックで過ごしたり、リュックの中から双眼鏡を取りだしバードウォッチングを楽しんだり、薪割り体験なんかも出来る。

 


f:id:onex3:20200103083738j:image

クラウドテラスには無料サービスも充実していて、おやつなどお腹を満たすこともできる。

 

チェックイン開始15時以降はとても混み合い、コップなど足りなくなるので、午前中と14時前後が空いていてお勧め。

 

 

f:id:onex3:20200103084045j:imagef:id:onex3:20200103083809j:image

ホットワインと焼きバームクーヘン」

 


f:id:onex3:20200103083754j:imagef:id:onex3:20200103083758j:image

「焚き火で焼きマシマロ」

 


f:id:onex3:20200103083741j:imagef:id:onex3:20200103083801j:image

「ライブラリーカフェで、暖炉を囲みフレーバーティーとコーヒー」

 


f:id:onex3:20200103083748j:imagef:id:onex3:20200103083805j:image
f:id:onex3:20200103083743j:image

「朝は焚き火コーヒー(へんメルコーヒー)」

コーヒーを入れたやかんを焚き火にくべて、ドリッパーを使わず作る。スウェーデン発祥らしい。荒いコーヒーの香りがキャンプらしい。

 

 

f:id:onex3:20200113081232j:imagef:id:onex3:20200113081235j:image

とにかく静かで、鳥の囀りや風と森の音を聞いていると気持ち穏やか。時の経つのを忘れます。

チェアや寛ぎスペースも多様で、どれだけ居ても飽きることがなかった。

シメイ ブルー:自宅

f:id:onex3:20200105091323j:image

深い青のラベルが素敵。

クラフトビールを楽しみ始めた頃、高級品だと感じてたシメイを自宅で飲んでみる事にした。

 

シメイ ブルー | 日本ビール株式会社

シメイ・ブルーは、もともと1948年にクリスマスビールとしてリリースされたもので、人気を集め、現在では通年で生産されています。3銘柄のうちで、唯一ヴィンテージが入っており、味わいは年ごとに異なります。

 


f:id:onex3:20200105091331j:image

アルコール9%、深いダークブラウン色からも濃さが伺える。

 

飲み始めはロースト感が強く、後口にハーブ感が静かに残るタイプ。

この香りの余韻は好み。

 


f:id:onex3:20200105091328j:image

焼鳥缶詰とクラッカーが意外と合う。肉に負けない力強いビール、386円/人也。

 

モーニングBOX:星のや富士

f:id:onex3:20200103083429j:image

釣具を入れるタックルボックスをイメージした木製の箱。

 

この箱に朝食を入れて、スタッフさんが背負子で背負って部屋まで届けてくれる。

 

 

f:id:onex3:20200103082443j:image

富士山を正面に望めるテラスに朝食をセットしてくれる。

 


f:id:onex3:20200103082440j:image

BOXの中、パン・サラダ・スープ・コーヒー・ヨーグルト・オムレツ・ソーセージと盛りだくさんの内容。

 

 

SNS映えが目的の人が多いのも頷ける内容。もちろん美味しいく、特にパンは優しい甘さを感じ美味しかった。

 


f:id:onex3:20200103082449j:image

「スパニッシュオムレツとソーセージ、ロースト野菜」

オムレツの中はサーモンとトマト。ロースト野菜はクレソンとチコリ。

 


f:id:onex3:20200103082446j:image

「パンプキンスープと季節のサラダ」

サラダには生ハムと苺。

 

 

炬燵に入り富士山を眺めながら、冬の冷たい空気を感じる。マイペースでのんびり楽しむ朝食。

 

贅沢でした、3388円(定価2800円+消費税10%+サービス料10%)円/人也。

 

 

星のやバリでも感じたけど、朝食の量が多い。腹八分目でおさまる量だったら、より良かった。