1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

ポーモンコン(6回目):大崎広小路

連日の猛暑でからだがスパイスを求めてる。

目指すはポーモンコン。

平日ランチタイム、お店をのぞくと1席だけ空いてた。とても運がいい。

 

 

賑わう店内、ランチメニューを見る前から「日替わりタイカレー」に注文は決めてた。今日はグリーンカレーか?レッドカレーか?

 

 

f:id:onex3:20190628144351j:image

レッドカレー(850円)」

茄子、ピーマン、しめじ、インゲンがたくさん。豚肉もたっぷり。

スパイスの香りと、野菜と肉の旨みがあいまって、スプーンがとまらなくなる。

 

 

f:id:onex3:20190628144414j:image

ご飯もたっぷりだし、スープとサラダもついてくる。

お腹一杯になった。ランチが充実してると午後も張り合いが出てくる。ほんといつきても満足度が高い。

 

クセになってるな、ポーモンコン。

羊香味坊:御徒町

f:id:onex3:20190622094003j:image

孤独のグルメで知って、ずーっと気になっていたお店。1か月前に予約して華金に後輩達と訪問。

 

予約客で満席で予約なしの方は断られてました。メディアの影響って凄いですよね…。

 

2階の4人がけのテーブル席に通されたのですが、テーブルも席間もなかなかの厳しさがありましたね。

 

でも、ラム好きにはたまらないくらい、メニューは羊だらけ。通常メニューもきになるし、黒板のお勧めメニューも気になる。

 

グループで行くと色々食べれて楽しめるお店。瓶ビールで喉を潤し、途中からグラスワインを楽しみながらたくさん食べてワイガヤしてきた。

 


f:id:onex3:20190622094009j:image

「ラム串5本セット」

 

 

f:id:onex3:20190622135125j:image

「ジャガイモとセロリの炒め物」

 

写真を撮り忘れたけどほんとたくさん食べた。料理もテンポよくどんどん出てくるから、嬉しくなる。

 

他には、「ラム焼き餃子」、「ラム焼売」、「自家製羊肉の腸詰め」、「ジャガイモ」、「ラム肉入りチャーハン」などなど。

 

 

どれもラム好きにはたまらない美味しさなんだけど、1品が多くはない。

色々食べれる反面、あれこれ欲張ってなかなかのお値段になってた(笑)、6000円/人也。

 

サンクトガーレン パイナップルエール:自宅

f:id:onex3:20190601225956j:image

サンクトガーレン夏限定ビール、パインエール。スーパーで出会って迷わず購入。

先日訪れた吉柳で飲んだパインビールの爽やかさを思い返してね。別物だろうけど、サンクトガーレンは間違いないし。

 


f:id:onex3:20190601230013j:image

期待通りの爽やかさ。この時期の蒸し暑さを忘れさせてくれる華やかさと清涼感。

グビグビ飲み進められる味、450円也。

 

おかわりしたいけど1本しか買わなかったよ(笑)。

北条ワイン 「砂丘 2015 赤」:自宅

f:id:onex3:20190526155957j:image

dancyuなどメディアに多数とりあげられたそうだ。

作りての拘りがどっしりと滲み出るラベル。なんだかとてもゴージャスな雰囲気。

 

 

f:id:onex3:20190526160009j:image

バランスよく、それでいて芯がある。どんな料理にも合わせられそう。

 

何杯も飲むようなワインではないな。一杯を丁寧に味わうワインだ、2550円/人也。

よし乃とさいき家のお稲荷さん:自宅

今回も新宿伊勢丹

催事コーナーうろうろ。

なんだか上品なお稲荷さん弁当、えいやっ!って2つ買ってきた。

 

 

f:id:onex3:20190601225748j:imagef:id:onex3:20190601225753j:image

「大阪すし よし乃(1350円)」

お稲荷さんに穴子が乗ってる。山椒が効いて美味しいね。食べるのが勿体ないと感じるほど艶やかな薄焼き玉子。

 

 

f:id:onex3:20190601225820j:imagef:id:onex3:20190601225824j:image

「京都 さいき家(1250円)」

胡麻がきいてて上品なお稲荷さん。こちらも美味しいね。だし巻き玉子はジューシーでだし感が凄い。

 

なかなかのお値段だったけど、似た品の食べ比べはなかなか面白かった。

 

個人的には、お稲荷さんはさいき家さん、穴子と玉子はよし乃さんが好みの味。