読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録など。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。程よく食べて呑んでほろ酔いでありたい。

ショコラティエ・イナムラショウゾウ:日暮里

おやつ

上野公園から日暮里駅へ散歩。目的は日暮里駅側のショコラティエ・イナムラショウゾウ。途中で電柱掲示の案内を見て迷いそうになる。電柱の案内はパティシエ・イナムラショウゾウ。思わず読み違える。谷中霊園を挟み北がショコラティエ、南がパティシエ。

https://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13047298/

 

 

夕方17時にも関わらず店内は、カフェで楽しむ人、持ち帰りの購入待の人で賑わっている。どれも魅力的な作品から悩みに悩み選んだのは「涙のしずく」。名前通りのフォルムが美しい。早く帰って食べたい。

f:id:onex3:20161120165608j:image

 

 

自宅にてコーヒーとともにご対面。箱の中で転がってしまっていた…。美しい表目のフォルムが台無し…。気持ちは涙、まさに涙のしずくが出そうになった。

f:id:onex3:20161120165619j:image

 

 

気を取り直して頂きます。食べて驚き!濃厚で口当たりのよいしっとりクリーミーなチョコの中に、香り豊かで甘酸っぱいレモンムース!下地は心地よいザクザク感のチョコガナッシュ。美味しすぎる。

f:id:onex3:20161120165634j:image

 

 

ロースト感が強いコーヒーと合わせて正解。こうなると他の種類も食べてみたい。パティシエイナムラショウゾウもチャレンジしたい。大満足・再訪確実580円/人也。

めん処 羽鳥:日暮里

夕食

寒い日は暖かいラーメンが食べたくなる。めん処 羽鳥へ。しょうがらーめんが目的、確実に身体があたたまるだろう。
17:30開店時間に到着。先客は1人。

f:id:onex3:20161120174338j:image

 

 

土日は大盛か味玉が無料とのこと。もちろん味玉!清潔で明るい店内。綺麗なカウンターで、しょうがらーめんを待つ間にどんどんお客さんが来店。あっという間に満席。人気店ですね。

https://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13152229/

 

 

しょうがの香りが良いラーメンの登場、待ってました。三つ葉、チャーシュー、メンマ、味玉、そして中央にしょうが。期待高まる。

f:id:onex3:20161120174414j:image

 

 

まずはスープをいただく。鶏と魚介と野菜から作ったスープだそうだ。とっても優しい甘さの中にいい具合のコク。しょうがをくずすと、しょうがの香りがあいまって、より美味しい。身体あたたまる。麺は中太の手打ち風。モチモチ麺とスープがよく絡まる。

f:id:onex3:20161120174426j:image

 

 

チャーシューホロホロ。味玉もいい具合。バランスいいわ、優しいラーメン、ほんとに美味しい。

f:id:onex3:20161120174501j:image

 

 

からだポカポカ満足の820円/人也。隣のお客さんは、ワンタンつまみに瓶ビール。麺固めのえびらーめん。こういうスタイルもいいなぁ、常連さん感がかっこいい。居心地もよかった、飲んだ後にまた来よう。

f:id:onex3:20161120174521j:image

 

 

朝カフェ ハム卵サラダ:ドトールコーヒー

朝食

f:id:onex3:20161116193308j:image

訪れたモスバーガーでモーニングのトーストセット取り扱いないときたよ…。トーストセット以外は400円超。


だったら、ドトール行くよね。
朝カフェAセット ハム卵サラダ。トーストサクサク、野菜シャキシャキ、卵たっぷり。

ドトール正解390円/人也。
Wi-Fi快適な点もドトールはポイント高い。

なな蓮:日本橋

昼食

休日夕方、目指すはなな蓮。日本橋を越え江戸橋へ向かう途中にあります。日本橋から神田に向かう通りから離れ、首都高下に来るだけで落ち着いた雰囲気、お店もお洒落で落ち着いた佇まい。

f:id:onex3:20161124210029j:image

 

 

遅いランチなのは空いていることを期待したから。目的は支那そば。しかし甘くないですね。支那そば売切れ、やむなく濃い出し汁そばを注文。個人的に苦手なこってりスープに極太麺ということだが、こういう時だからチャレンジできると前向き思考。

f:id:onex3:20161124210056j:image

 

二種類の厚みあるチャーシュー、三つ葉、ザク切りネギ、メンマ、ノリ。大きな丼で熱々、登場。魚介・鳥・豚からとった無化調スープ。癖になる濃厚さ。名前通りの濃い味です。チャーシューもボリュームあり食べごたえあり。

f:id:onex3:20161124210124j:image

 

 

この濃いスープをきちんと絡めとる極太麺。食べやすい適度な茹で加減。これはおいしい。1センチほどに切られたネギが爽やかで、濃いスープをきちんと受け止める。個人的にネギの甘さが際立ちとても楽しい。ひとつ残らずネギを楽しんでしまった。850円/人也。

f:id:onex3:20161124210157j:image

 

https://s.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13162497/

アランチャ デル ソーレ:浦和

昼食

ランチでは初訪問。夜にお邪魔した際、とても丁寧な接客と美味しい料理に、いつかランチでも来てみようと決めていました。

 

ランチタイムはご近所奥さまサロン状態。すごいね満席だよ。パスタランチセットを注文。

丁寧な接客はランチも変わらず。とても気持ち良い接客。

f:id:onex3:20161201222953j:imagef:id:onex3:20161201223009j:imagef:id:onex3:20161201223028j:image

 

料理も美味しくのんびり過ごせた2200円/人也。食後のコーヒーがエスプレッソ!?と思うほどのサイズ。ちと残念。

https://s.tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11001652/

 

 

のんびり過ごせてお客は嬉しいが、お店としてはいいのか?二回転はしたいのでは?それくらい奥様がたの居座り方が半端なかった(笑)