1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

威南記海南鶏飯:田町

f:id:onex3:20160212181508j:image

何年だか前、きっとオープン間もない頃、ぐるナイに登場して気になっていたお店。

 

やっとこさ訪問。平日ランチタイム、かなりの行列かと思いきや待ち客2組。待つこと10分ほどで入店。

 

席間ゆったりで居心地が良い。接客もマニュアル準拠なのだろう可もなく不可もなく。

 

 

f:id:onex3:20190207195956j:image

「スチームチキンライス(1100円)」

ローストもあったけど、まずは定番のスチーム。スープも付いたセット。
みんなこれを頼むからか、注文後、程なく出てきた。限られたランチタイムだからスピード感あるのはとても有難い。
 
 
f:id:onex3:20190207195918j:image
パクチーがのったチキンをまずはそのまま。しっとり食感、じんわりチキンの美味み。
骨がゴロゴロ結構ありますね。
 
 
f:id:onex3:20190207195937j:image
こちらもチキンの出汁が程よい。
これだけでも美味しいけど、チキンにジンジャーソース、チリソースを絡めて、一緒にワシワシ頂きました。
行儀よく食べてたら満足度あがらないよね、こういうのは。
 
 

平日ランチとしてはちと贅沢だけど、この味、この空間で過ごせることを考えたら、お値段妥当なもしれませんね。

丸八とんかつ店:大井町

大井町駅から徒歩数分。1階はカウンター、2階は座敷。休日13時に訪問、店内は満席だがとある席ならすぐ通せるとのこと。

 

1階奥、2階座敷に上がる階段の前に小さな4席だけのカウンター。ここを自由に使っていいとのこと。完全プライベートスペース、むしろこちらでお願いします(笑)。

 

 

f:id:onex3:20190203170341j:image

ヒレカツ定食(1950円)」

こちらのお店、開店から通し営業ってのが魅力の一つ。お腹の空き具合、お店の空き具合で訪問できる。

決めていたヒレカツ定食を注文。

 

 

f:id:onex3:20190203170458j:image

ソースがかかった状態で登場。そこにカウンター備え付けのソースをさらに投下。

揚げたてしっとり柔らか。肉の美味さがしっかり味わえる。

 

 

f:id:onex3:20190203170516j:image

卵の層が特徴的。噛むほどに美味み。

ご飯がススムくんだね。

 

豚汁は甘さ染みいる優しい味。家庭的なんだけど、玉ねぎたっぷりで特徴的。

 

もう一つの魅力が家庭的な優しい接客。「こんな席でごめんなさいねぇ」、「ご飯おかわりしていってね」、「またお待ちしています」。

お腹も気持ちもホッコリ温まりました。

 

キャベツがちと硬かったなぁ。

讃岐うどん いわい:十条

先日のうどんが個人的にハマらず、不完全燃焼だったので、気になっていたこちらのお店にやってきた。

 

土曜12時満席だが他に待ち客なし。外のベンチで声がかかるのを待つ。

 

 

f:id:onex3:20190127201448j:image

「ひやあつ 中(400円)、とり天(150円)、蓮根天(150円)」

10分ほどで呼ばれる。うどんだから流石に回転が良い。入店し勧められた席に座る。どうやら、店奥の店員さんの所へ行き、先払いの注文のようだ。

 

 

f:id:onex3:20190127201500j:image

つるつるムチムチのうどん。柔らかいのにコシがある。期待通りのうどん。出汁がきいたつゆもとても美味しい。冷たいうどんに温かいつゆ、唸らせる組合わせ。

 

 

f:id:onex3:20190127201511j:image

揚げたての鶏天は熱々、ぷるぷるでジューシー。これまで食べた鶏天で一番美味しい。

蓮根天は厚みしっかり、ザクザクの食感が心地よく食べ応えあり。

 

 

文句なく美味しい、大満足。

店主がうどんを打つ音が心地よい。十条に来たらまた立ち寄りたいお店。

フランクリン・アベニュー:五反田

f:id:onex3:20180429063048j:image

寺門ジモンの肉専門チャンネルを見て、ずーっと気になっていたお店。ようやく訪問です。

 

五反田の高級住宅街というだけあり、なかなかの雰囲気。お店の中も高級感たっぷり。

 

ゆったりした席間。中庭を見ながら過ごせるテーブル席。調理の様を楽しめるカウンター席。

ホスピタリティーも素晴らしい。

 

 

f:id:onex3:20190126214811j:imagef:id:onex3:20190126214821j:image

「マッシュルームチーズバーガー(L:1440円)とフレンチフライ(S:360円)」

休日13時に訪問したのだけど、待ち客3組。待っている間、厨房が覗けて、調理の様が見えたのだけど、サンドイッチもハンバーガーもどちらも、とっても美味しそうで。

 

迷いに迷ってハンバーガーを注文。種類山盛りの中からこちらをセレクト。

 

 

f:id:onex3:20190126214834j:image

バンスはふっくら。バテは肉汁溢れバンスが染み染み。だけど、カリッと香ばしくて、いい具合に脂が落ちていてちっとも重たくない。

 

ワシワシ食べたいけど、ペーパーないので手が脂でべっとり。

途中から素直にナイフとフォークで頂きました。なかなか慣れないが、とにかく美味しい。

 

チーズ纏ったマッシュルームはペッパーきいててこれまた美味い。

 

ポテトはいたって普通。値段の割に量が少なく残念。

それと、原則子供の入店NGとあったが、結構子連れファミリーがいたなぁ。

 

 

7025 フランクリン・アベニュー | しながわ観光協会

 

そうそう、ジンジャーエール辛口(550円)はハンバーガーにぴったりだ。ウィルキンソンでした。

 

 

自家製さぬきうどんと肉 甚三:浜松町

浜松町、昼で混み合う前に店を確定しないとランチ難民になってしまう。

11:50に気になっていたうどん屋さん「甚三」へ。天外の券売機前に3人の先客、店内は満員。さすがビジネス街、浜松町。

 

 

それでも5分程で入店。

注文したのは「肉かけ(温)」。みんな注文してたから、これが人気メニューなんだうとね。

 

 

f:id:onex3:20190121212255j:image

「肉かけ [温](600円)」

うどんは、もっちりしっかりで弾力抜群、食べ応えあり。日清のごんぶとを思わせる。個人的には硬さが重い。

 

透き通ったつゆは出汁がしっかり。うどんをきちんと受け止めてます。

 

敷き詰められた豚バラは塩味しっかり。

 

お勧めの食べ方が張り出されてて、その通りブラックペッパーをふりかけると、豚の塩味とよく合う。

 

添えられたすりおろし生姜がいいアクセントで。想像してたうどんと違ったが、生姜の爽やかさで、するする食べれてしまった。

 

 

肉系さぬき【うどん甚三】は大江戸線・大門駅から徒歩3分の林SPFポークを使った肉うどんのお店です。

香川の味に近づけるため、香川の食材を使っているそうです。豚は林SPF。それでこのお値段は頑張ってるなぁと感じました。