1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

スパイスカレー食堂(3回目):五反田

f:id:onex3:20211114185443j:image

3回目の訪問ともなるとハマったといっていい気がします。

日曜日に営業しているのも嬉しい。この日も遅いランチタイムのせいか、他のお客がいなくて貸切状態でした。

 

 

f:id:onex3:20211114185450j:image

「ブラックポークカレー(1300円)」

チキン、フイッシュを食べてきたので今回はポーク。ポークカレーは豚のコクが期待通りでした。

 

 

f:id:onex3:20211114190858j:image

3回目ともなるとごちゃ混ぜにしながらもマイルールが出来てきました。

ジャガ芋とインゲンのカレーを後半戦に混ぜ合わせるのが好みです。

しっかりした味と辛さが、中弛みしそうな気持ちを引締めてくれます。丁寧に味わいなさいと。

 

タキザワワイナリー 「旅路 サン・スフール・アジュテ スパーク」:自宅

f:id:onex3:20211114185348j:image

タキザワワイナリーのロゼスパークリングを購入しました(3245円)。

 

これまで飲んだタキザワワイナリーのワインはどれも好みのものだったので安心感があります。

 

北海道固有の品種、旅路を使用しています。亜硫酸無添加、全ての発酵を野生酵母を使用しているそうです。

 

 

f:id:onex3:20211114185359j:image

きめ細やかな泡が静かに立ち上ります。控えめな佇まい。

 

香りは爽やか、果皮の旨みが個性的です。この個性が今回もツボにはまりました。とても好みの味わいです。

 

これまで飲んだどのワインも好みでした。タキザワワイナリーは定期的に購入するつもりです。

 

オーさんのお弁当:大崎

久しぶりのオーさんのお弁当です。取手に拠点を移されてから、曜日を限定し大崎の百反通りで販売をしています。

 

ランチタイム中盤でしたが、この日はめずらしく、まだ数種類のお弁当が残っていました。人気店なので買えて一安心です。

 

 

f:id:onex3:20211108131204j:image

「ガイパットゲーンキョワン(600円)」

鶏肉のグリーンカレー炒めです。

グリーンカレーソースはとろみがあり、ご飯とよく絡みます。ピリリとスパイシーな辛さが食欲をかきたてます。

 

 

筍、パプリカ、玉葱、キクラゲなど野菜もたっぷりで、とても美味しかったです。これでビールを飲んだら最高でしょうね。

 

 

f:id:onex3:20211115124611j:image

ガイヤーン(600円)」

翌週も買いに行ってきました。タイ風焼き鳥です。付属のソースがただ辛いだけでなく、辛さの中に爽やかさがあり、焼き鳥にもジャスミンライスにも合いました。

 

 

f:id:onex3:20211116185221j:image

レッドカレー炒め(600円)」

グリーンカレー炒め同様に野菜と鶏肉がたっぷり。どちらもココナッツミルクを使っていないそうです。グリーンとレッド、辛さの質が違いますがどちらも食べやすく美味しかったです。

 

 

取手からのガソリン代の影響で、12月から100円値上げ出そうですが、この美味しさは700円でも破格だと思います。

一味玲玲 本店:新橋

f:id:onex3:20211107153230j:image

新橋西口通りにお店があります。新橋西口通りを入ってすぐの所に3号店もあるので本店に行きたい方はお気をつけて。

 


f:id:onex3:20211107153227j:image

白菜、セロリ、しいたけ、キャベツ、しそ、トマト、牡蠣、ニラなど、具材の数だけ餃子の種類があります。

メニューには、各々焼き・蒸し・水餃子のお勧め表示。どの餃子を食べるか迷います。

 


f:id:onex3:20211107153233j:imagef:id:onex3:20211107153235j:image

「白菜焼き餃子(550円)」

餃子5個付いた定食を食べたかったのだけど、休日はやってないとのこと、残念。

数ある具材の中から白菜を注文。大蒜醤油が刻み大蒜の醤油漬け、やんちゃ過ぎるw

 


f:id:onex3:20211107153225j:image

「ラムとパクチー水餃子(880円)」

味付きなのでまずは何も付けずに食べるのがお勧めだそう。

具材の旨味とスパイス感が噛み締めると溢れ出す。モチモチの生地も美味しかった。

少しぬるかったのが残念だったけど。

 


f:id:onex3:20211107153222j:image

「焼豚と卵の炒飯(965円)」

餃子だけでは胃袋が満足するわけがなく、こちらも注文。焼豚と胡瓜の食感が楽しい。

 

この状況なので無理ですが、何人かで色々な種類を食べたらきっと楽しいでしょうね。

 

この手のお店にありがちな、日本的接客ではないので、耐えられない方は長居は厳しいかも。

ブルックリン・ダイナー:大崎広小路

この日はエビスバーで生ビールを楽しもうと思ったのですが、道すがらブルックリン・ダイナーを覗いたら、フラフラと吸い込まれてしまいました。

 

 

 

居心地良くて、料理も好みの味ばかりなんだからしょうがないか。

 

 

f:id:onex3:20211107064042j:image

「牛トリッパと彩野菜のケイジャンスパイスソテー」

カラッと揚がったトリッパと、素揚げされた茄子・トマト・栗。トリッパの食感が絶品だし、ホクホク揚がった栗も最高に美味しい。

ビールがグングン進んでしまいました。

 


f:id:onex3:20211107064047j:image

「揚げ茄子のスパイシーキーマカレーソース」

揚げ茄子の上にたっぷりのキーマカレー。美味しくてご飯が欲しくなります。

ご飯の代わりにポテトフライを追加オーダー。ポテトに付けたら美味しさが加速しました。

添えられたアリッサの辛さがたまらん。

 

 


f:id:onex3:20211107064044j:image

辛さがクセになるハラペーニョ・ピクルスも楽しんで、クラフトビールサンクトガーレンとうちゅうブルーイングのコラボ スペースヘイジー)もきちんと味わって大満足の3800円/人也。