1・1・1でほろ酔い気分。

食べ歩きの記録。1時間1杯1千円ぐらいがほろ酔い気分で丁度いい。

ブルックリンダイナー(9回目):大崎広小路

連日、こうも暑いと涼しいお店でビールを飲みたい!となってしまいます。そしたら、ブルックリンダイナーへ直行です。

 

 

f:id:onex3:20220630205637j:image

綺麗な泡、程よく冷えたハートランド。これが飲みたかったんです。

 

 

f:id:onex3:20220630205702j:image

「若鶏とズッキーニのフリット サルサソース(935円)」

フリットはビールによくあいます。サルサソースがこの季節にピッタリ。

 


f:id:onex3:20220630205659j:image

キーマカレーモッツァレラチーズのケサディーヤ(770円)」

レギュラーメニューをアレンジしたこちら。店長自慢のキーマカレーがたっぷり。

 


f:id:onex3:20220630205705j:image

「マッシュポテトのチーズオーブン焼き(660円)」

綺麗に焼きあがってます。この焼き目を見るだけで美味しさがバシバシ伝わってきます。

 

ハートランドを三杯飲んで体も気持ちもクーリングダウン。3500円/人也。

 

とんかつ満天:五反田

f:id:onex3:20220619141715j:image

食堂とだか、寿司処都々井などが有名な五反田リバーライトビル。こちらに新しくとんかつ屋さんが出来ていました。

 

 

f:id:onex3:20220619141723j:image

オープン記念で、ランチのロースカツ定食が120g→150gなんだそうです。開店時間キッカリに訪問しました。

 

 

f:id:onex3:20220619141733j:image

定食には、自家製のお漬物と小鉢(冷奴)が付いていました。こちらをつまみながら、ロースカツが揚るのをゆるりと待ちます。

 

f:id:onex3:20220619141743j:image

「ロースカツ定食(1000円)」

このボリューム、ご飯・キャベツは1回お代わり無料。それでこのお値段、驚きです。

 

f:id:onex3:20220619141755j:imagef:id:onex3:20220619141758j:image

お米は福島県産 天女の泉。粒が小ぶりながらももちっとしてとても美味しい。

豚汁は豚の旨味と生姜の爽やかさがたっぷりで、こちらもかなり美味しい。

 

 

f:id:onex3:20220619141805j:image

白川高原清流豚を使ったカツは、脂がとても甘く柔らか。もたれることもなく、150gペロリでした。店主の親戚がこの豚を取り扱っているそうです。

 

 

f:id:onex3:20220619141813j:image

とても美味しく、お腹もいっぱいで大満足です。福島食材を使った定食をお腹いっぱい楽しめるお店でした。

 

紳士的な店主のサービスも心地よかったです。
しかも、ワンオペ!に驚きました。

 

メニューにはヒレカツ、メンチカツ、そしてエビフライと気になる品がめじろおし。こりゃ、再訪しないと。

 

テイクアウトできたら、なお良いなぁ。

 

eos(4回目):三田

 

芒種のランチコース(3850円)です。とうもろこしやパイナップルを食べると初夏を想像してしまいますが、まだ6月。

 

食材の部位一つひとつを丁寧に使った料理は今回も驚きの連続、期待以上の美味しさでした。

 

 

f:id:onex3:20220619062418j:image

「とうもろこし ンドゥィヤ」

タルト生地、とうもろこしのムース、ンドゥィヤ(唐辛子がきいたサラミ)、とうもろこしの実とヤングコーン、とうもろこしのヒゲのサラダ、ポップコーン。

 

 

 

f:id:onex3:20220619062429j:image

「千葉ホンビノス貝 新じゃが セロリ」

じゃがいものラビオリとホンビノス貝、セロリとセロリの葉。

 

 

f:id:onex3:20220619062438j:image

「長崎イナダ 緑野菜 ビスク」

緑野菜はつるむらさき、おかひじき、万願寺唐辛子。イナダの火入れ加減が素晴らしい。

 

 

f:id:onex3:20220619062450j:image

石垣島パイナップル ココナッツ バジル」

バジルとライムでマリネしたパイナップル、クランブルとココナッツアイス、パイナップルムース。

 

 

f:id:onex3:20220619062501j:image

ルバーブとローズ」

焼き菓子が型から外れず、急遽こちらに変更。それでも、この美しさ。もちろんとても美味しかったです。

 

ブルックリンダイナー(8回目):大崎広小路

 

前日までとうってかわり蒸し暑い、飲むっきゃないね。開店してまもない時間に突入しました。
いつも美味しいハートランド、程よく冷えて、クリーミーな泡が嬉しい。

 

 

f:id:onex3:20220618070038j:image

オニオンリングS(530円)」

ビールにピッタリのおつまみ。いつもフライドポテトだから、たまにはこちらを。衣カリッ・玉ねぎトロッと甘くて美味しい。

 

 

f:id:onex3:20220618070046j:image

「アボカドディップパクチー入り(800円)」

パクチー入りは初めて。暑い季節にパクチーの香りはたまらないですね。ビールにとても合うので、ハートランドあっという間に2杯空けてしまいました。

 

 

f:id:onex3:20220618070200j:image

「自家製レバームースとじゃがいもとクレソンのサラダ(660円)」

とても上品なレバームース、クレソン・じゃがいもと食べるとさらに美味しい。これは赤ワインとあわせてもいいかも。

 

 

f:id:onex3:20220618070056j:image

「ジャークラムスペアリブとチョリソーのグリル(2420円)」

定番のジャークチキン、ジャークポークだけでなく、この日はラムもありました。スパイスとラムの香りを存分に楽しめる一品。チョリソーの焼き具合もよくてビールが進みます。

 

この時には樽生に切り替えていましたね。ブルックリンラガーをパイントです。

 

 

f:id:onex3:20220618070127j:image

「自家製ハム(サービス)」

店長が自家製ハムをサービスしてくれました。店長の料理はどれも美味しく、とてもお酒にあいます。

 

個人的定番のハラペーニョピクルス、ブロッコリーサラダは欠かさず、お腹いっぱいになるまで満喫しました。

 

しかも最後にハートランドをもう一杯、6000円/人也。

 

GODIVA 「ごぼうとバジルレモンのフィナンシェ ショコラ」:さ

f:id:onex3:20220619092356j:image

GODIVA来日50周年を記念してTBS番組企画のフィナンシェが発売されました。

芸人こがけんがプロデュースして話題のフィナンシェです。

 

 

f:id:onex3:20220619092405j:image

期間限定ということもあり売り切れ店が多いと聞いていましたが、恵比寿アトレで見つけることが出来ました。オンラインでも買えましたね。

 

 

f:id:onex3:20220619092422j:image

「香ばしごぼうフィナンシェ 白煎り胡麻&ミルクチョコレート」

 

 

f:id:onex3:20220619092431j:image

「爽やかバジルレモンフィナンシェ レモンピール&レモンチョコレート」

 

 

f:id:onex3:20220619092442j:image

「香ばしごぼうフィナンシェ 黒胡麻&ミルクチョコレート」

 

 

デザートというよりお惣菜。ごぼうの味わいしっかりで食べ応えありました。

 

素晴らしかったのがバジルレモン。蒸し暑いこの時期にぴったりの爽やかさ。バジル良いですね。

 

 

しかし、価格1620円、1個540円です。ひぇー高い、メディアで開発の様子を特殊しただけあって強気な価格設定。消費税なければ1500円、1個500円。改めて邪魔ですね、消費税。